注目の美容成分!ヒアルロン酸を上手に活用


ヒアルロン酸を取り入れる3つの方法

美容成分としてよく耳にするヒアルロン酸ですが、もともと体の中に存在する成分です。保湿性に優れ、関節と関節の間のクッションとなったり、水分を保持して肌の潤いを保つなどの働きがあります。そんなヒアルロン酸を美容目的で使用するには、栄養ドリンクやサプリメントで摂取する、化粧品として肌に塗布する、注射で肌に直接注入するという3つの方法があります。

ヒアルロン酸の生成を活性化する生活習慣も大切

まず、ヒアルロン酸の栄養ドリンクやサプリメントですが、科学的な検証結果は報告されてはいないものの、関節痛を和らげたり肌の保水力を高める作用を感じる人が多いようです。

化粧品に配合されたヒアルロン酸は、乾燥肌を防ぎしっとりとつやのある肌へと導いてくれる効果があります。直接的にシワを消す効果はないものの、肌が潤いふっくらとした状態になると必然的にしわも薄くなります。そのため、アンチエイジングの化粧品にも配合されているのです。

ヒアルロン酸注射は、しわやたるみに注入してふっくらとさせる効果があります。即効性があり、注射をすると5歳から10歳若返ることができますが、効果の持続期間は3ヶ月から半年程となるため、継続的な注入が必要です。

ただ、どの方法でヒアルロン酸を摂取するにおいても、体内のヒアルロン酸の生成を活性できるわけではありません。これらの方法で外部からヒアルロン酸を摂取しながらも、バランスのとれた食事や規則正しい生活など、ヒアルロン酸の生成を活性化する生活習慣を送ることも大切です。

水分の保持や細胞の間に存在する事でクッションの役割を果たすヒアルロン酸は、サプリや化粧品に含まれていたり、直接注射して体内に入れる事でしわを薄くすることも可能です。