できることからはじめよう!体の内側から大人ニキビ改善へ


大人ニキビはしつこくやっかい

ニキビは思春期だけのものだと考えていましたが、大人になっても悩んでしまうことがあります。特に大人ニキビはホルモンバランスやストレスといった体の内側が関係しており、改善するには生活習慣を見直す必要があります。しかし既に仕事や家庭があったりと簡単には生活を変えられないのが大人の事情で、簡単に治すことが難しいです。

それでも治したい大人ニキビへ

生活を変えることは難しいですが、やはり鏡を見てボツボツの肌だとがっくりします。まずは少しでも自分の生活の中で変えられることを考えて実践してみましょう。

簡単な食生活の見直し

忙しいとき食事は簡単なものになりがちですが、それは仕方のないことです。その中で体に良いものを選ぶことならまだ容易ではないしょうか。例えば飲み物を缶コーヒーや清涼飲料水からお茶、水に変える、また炒め物をするときに使う油をよいものに変えてみる…小さなことですが、その積み重ねが自分の体を作り上げているので、少しずつですが改善に繋がっていくと考えられます。

夜の自分の時間も早めに切り上げて寝る

忙しい中でも自分の時間欲しさに夜な夜な起きて好きなことをしようと考えます。それも大切なことですが、人の体の改善には風邪を引いたときに眠ているように睡眠が大切です。大人ニキビも同様でホルモンバランスを整えるために少しでも質のよい眠りができるよう睡眠時間を確保しましょう。

大人ニキビというストレス解消のため医療に頼ってみる

自分なりに努力はしたけど改善されないことがストレスといった場合、病院で相談することも一つの手段です。ピルを処方してもらうことでホルモンバランスが整い、大人ニキビが改善されることもあります。多少高額にはなりますが改善に近づくかもしれません。

自分にできることは人それぞれですが、諦めずに少しずつキレイを取り戻していきましょう。

ニキビ跡が残ってしまう原因は、ニキビを潰したり刺激を与えてしまうことで炎症が酷くなってしまったり、ニキビに紫外線が当たり色素沈着をおこすなどの原因があります。