髪が少し薄くなってきた?そんなときは育毛剤!


知ってた?育毛剤と発毛剤は違うんです

前髪の生え際が後退してきた、頭髪全体のボリュームが減ってきたように思えるといった状態になったとき、多くの人が考えるのが育毛剤の使用ではないでしょうか。育毛剤とは、血行促進効果があるとされる成分などを配合し、頭皮環境を整えることで抜け毛を防いで今生えている髪を太く健やかにするという薬剤です。混同されやすいものに発毛剤がありますが、こちらは発毛促進効果があると認められた成分が配合された医薬品で、育毛剤とは異なります。医薬品ですので高い効果が期待できる分、副作用がでる可能性も指摘されています。
育毛剤の場合は、ドラッグストアなどでも購入可能です。発毛剤の場合、内服薬はAGAクリニックなどで診察を受ける必要があります。外用薬はドラッグストアで購入できる商品がありますが、薬剤師の問診を受ける必要があります。海外から個人輸入することもできますが、こちらは安全性や副作用の危険性を考えると、あまりおすすめはできません。

薄毛の初期段階は育毛剤がおすすめ

薄毛がまだ進行していない場合は、高価で副作用の心配もある発毛剤ではなく、まずは育毛剤を試してみると良いでしょう。頭皮環境の改善に作用し健康な髪になることが期待できますので、薄毛ではないという段階から予防的に使用するのもおすすめです。育毛剤は、丁寧に洗髪して頭皮の汚れをきれいに落とし、しっかり乾かしてから使用するようにしましょう。べたべたの皮脂汚れで毛穴も詰まっているといったときに、いくら育毛剤をつけても効果は期待できないでしょう。なお、たくさんつければ良いというものでもありませんので、用量を守ることも大事です。

女性の育毛剤を選ぶポイントは、頭皮にしっかり浸透するもの、無添加・無香料であり厚労省に認められた薬用である事、また万が一の時に返品も可能なものです。